Lyr

真空管を&トランジスタのハイブリッド構造、圧倒的な駆動力を持つヘッドホンアンプ。
Main
Main
Other
Other
Other
Other
Other
Other
Other
Other
Other
Other

HYBRID HEADPHONE AMPLIFIER, DYNAMICALLY ADAPTIVE

Lyr はどんなヘッドホンもドライブできるほどの高い出力をもったハイエンド・ヘッドホン・アンプです。気品のある上質なサウンドはSchiit Audioならではの質感です。Lyrは入力ステージに真空管を、出力にトランジスタを使用したハイブリッド構造を採用しています。これにより圧倒的な駆動力を達成、マーケットでも類を見ないパワフルなヘッドホン・アンプに仕上がっています。ワンランク上の上質さ、最高品位の真空管ヘッドホンアンプのサウンドを徹底的に追及し、メイド・イン・アメリカのプライドを注入しています。

Lyr サウンド・レビュー

まず、そのドライブ力に圧倒的なパワーを感じます。このアンプであれば能率の低いヘッドホンでも十分にドライヴ出来るでしょう。音質の傾向はセンター定位がしっかりとしていながらも音場表現が前後左右にスッと伸びて、クリアーでタイトなサウンドです。トランジェントに優れたハッキリとした明るいトーンが特徴ですが、低音域にはドゥンと弾力と密度があり、それが中音域から高音域にかけてややドライな倍音を含んだチューブサウンドと上手く繋がって、抑揚のある非常に音楽的なサウンドに仕上げられています。音の分離や粒立ちは良く、リズムはパーカッシヴに弾みます。また基音と倍音のコントラストが高く、特にヴォーカルや管楽器などのトーンの変化が表情豊かに鳴り響きます。

ValhallaやAsgardに比べて周波数レンジやダイナミックレンジが広く感じますが、これはオーディオスペックとしてのものというよりも、音楽的な表現力からそのように感じるのだと思います。

詳細スペック

Headphone Impedance

8-600 ohms

Gain

10 (20 dB)

Frequency Response

2Hz-200kHz, -3dB

Maximum Output

40V P-P into 32 ohms typ

THD

Less than 0.1%, 20Hz-20KHz, at 1V

Topology

Dynamically Adaptive Dual-Mode Class A,
zero feedback, noninverting, hybrid tube/MOSFET,
single voltage gain stage, DC-coupled input and output

Tube Complement

ECC88 or 6BZ7 dual triode, 1 per channel
(rollable to all 6922/6DJ8/ECC88/6BZ7 types and similar)

Power Consumption

30W

Size

228 x 171 x 83 mm

Weight

3.2kg

*115V仕様(100Vでも問題なくご使用いただけます)

**JJ ECC88(NOS)真空管、または相当品(カーブトレーサーで精巧にマッチングをとったもの)が付属します。

.

製品種類別

ダウンロード

PDF(マニュアル等)

なし

zip(ファームウェア等)

なし

関連ページ

468