機器のパフォーマンスをバランス良く向上させる ACパワーケーブル。
Main
Main

音楽の本質を引き出すサウンド。

“BLOSSOM BLO-PC320N”は新進気鋭のケーブルメーカー”OPTIMA”に特注した”BLOSSOM×OPTIMA”ダブルネームのACパワーケーブルです。線材はOPTIMA製の3×2.0sqサイズのケーブルを採用。これは導体に高純度無酸素銅を採用し、芯線のストランド方向とそれらをまとめたツイスト方向を反転させてケーブルの曲げによる芯線導体断面の真円状態の歪みや潰れを防ぎ、電気特性の乱れを引き起こさないようにデザインされています。それらは最適なピッチにてツイストされた上で銅箔にてシールディングしてあります。線材の特性は非常にフラットでワイドレンジ。高S/Nで濁りのないクリアーでスムースなサウンドです。

この線材に組み合わせられるACプラグには量感豊かな鳴り方と腰のある音像が持ち味のHUBBELL HBL8215Cホスピタルグレードを、IECインレットプラグには透明感に溢れクリアーな音場再生と引き締まった音質が特徴のSCHURTER 4781を採用。ケーブル芯線からの輻射の影響とダイナミックレンジを確保するために両端フローティング・シールドの結線をし、ポリエステル製モノフィラメントの編組スリーブを被せてケーブル自体に制振性を持たせ、音の重心を適度に下げながら安定したファンダメンタル(基音)と歪みなく綺麗に伸びるハーモニクス(倍音)のバランスをコントロールしています。これら全てのアッセンブリーはOPTIMAカスタムショップにて一本一本丁寧にハンドメイドで行われています。

ニュートラル、ダイナミック&クリアー

BLOSSOM BLO-PC320Nのサウンドを端的に言うならば「ニュートラル、ダイナミック&クリアー」。接続される機器の特性を浄化し、音源や音楽に忠実な説得力のある音の表情を引き出して、立体的な音場再生を得ることが出来るようにデザインされたケーブルです。静寂の中に音が鳴り響いた瞬間、そこに現れた音像はリアリティーに溢れ、余韻は極めて自然に前後・左右・上下へと立体的に消えていきます。正しくセッティングされたリスニングルームにてオーディオシステムの電源ケーブルをBLO-PC320Nに切り替えてみる場合、上流→中流→下流へと一段ずつ順を追って全てを交換していくと、上流では音像がしっかりとして音楽に説得力が出ます。次に中流にも充てると定位が明確になり音楽全体のバランスが整います。そして下流にもそれが及んだ瞬間、きっとスピーカーの存在は消えるでしょう。目の前にあるのは実物大の演奏者の表情であり、本物の音楽そのものです。

BLO-PC320Nには極端な自己主張はありませんが、機器のパフォーマンスをバランス良く向上させることに注力した、どのような機器にもオールマイティーにお使い頂けるケーブルです。また、線材はしなやかで取り回しが良く、コンパクトな機器との接続や狭いラック裏の配線でもフレキシブルなことも特徴です。

オーディオ用の電源ケーブルの中には一聴すると「ドーン、バーン」と来る此れ見よがしの押出し感や、音楽の奥行きを損なうほどに全てを前面に出した平面的な高解像度系のもの、音が中抜けするほどに極端に低音域や高音域を強調したものなどもあります。しかし、そのような音づくりはサウンドシステムのどこかに問題があった場合の応急処置としては良いかも知れませんが、個々の機器の特性を変調させているに過ぎなく、本物の音楽の鳴り方と比較すると非常にアンバランスであることが多いのも事実です。

 

【参考コラム】

ところで、電源ケーブルの交換による機器のパフォーマンスの変化とはいったいどういうことなのでしょうか? このことに疑問を持たれている方もいらっしゃるかと思います。電源ケーブル自体に音声信号は通りませんが、機器から電源ケーブルを介してコンセントに接続し、それが起動して通電した瞬間から、そのケーブルはもう既に機器の電源部を構成する部品の一部となります(見た目は機器の外に出ていてケーブルの形はしていますが)。例えば機器の電源部のコンデンサーなどのパーツを交換すると当然音質は大きく変わりますが、電源ケーブルもそれらと全く同じ電源部分を構成するパーツの一つですので、それを交換することによって機器の特性に変化が生じて結果音質が変わるのです。

ちなみに機器間を橋渡しして実際に音声信号の電流が流れるラインケーブルは、ハード側から見ればそれぞれの機器の間に抵抗やコンデンサーなどのパーツとなりローパスフィルターとして存在し、送り出し側の機器と受け取り側の機器の交流抵抗(インピーダンスと言います)のバランスを変化させます。その結果それぞれの機器は相手側の機器とのインピーダンスとのバランスの違いよって自身の出力や入力の特性に変化が出て音質が変わるのです。

要するにラインケーブルの交換による音質の変化は、接続される相手機器とのマッチングを操作することから生じますが、電源ケーブルの交換による音質の変化は単独で機器のパフォーマンスをコントロールしている訳です。

詳細情報

ブランド名 BLOSSOM
商品名 BLO-PC320N
ラインナップ
商品名称税込販売価格カートボタン
備考
BLO-PC320N (3ft)13,651円カートに入れる
Blossom 0.9m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル
BLO-PC320N (4ft)14,947円カートに入れる
Blossom 1.2m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル
BLO-PC320N (5ft)16,243円カートに入れる
Blossom 1.5m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル
BLO-PC320N (6ft)17,539円カートに入れる
Blossom 1.8m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル
BLO-PC320N (7ft)18,835円カートに入れる
Blossom 2.1m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル
BLO-PC320N (8ft)20,131円カートに入れる
Blossom 2.4m、BLOSSOM×OPTIMAダブルネームの特注ACパワーケーブル

製品種類別

ダウンロード

PDF(マニュアル等)

なし

zip(ファームウェア等)

なし
468