http://www.2ndstaff.com/xoxo/wp-content/themes/typered

製品レビュー:ベーシスト(アクティブベース用D.Iとして)

Install_grace_m101_di01

アクティブベース用D.Iとしてのm101試奏レビューです。

レビュー:

アクティブベース用D.Iとしてのm101試奏レビューです。 アクティブベース用D.Iとしてのm101試奏レビューです。

明瞭でハイスピードレスポンス、アクティブベースに合うハイエンドD.I

GRACE desgn m101 製品レビュー

グレースデザイン社は高音質のプロオーディオ製品をプロデュースしているメーカーで、特にレコーディング用マイクプリアンプは世界的にもトップランクの評価がされている。MODEL 101は1chのマイクプリではあるが、インストルメント用にヘッドゲインとインピーダンスをマッチさせた標準プラグの入力をもたせることにより高品質なD.Iとしても使用できる。従来のD.Iにおいてのサウンドの傾向はどちらかといえばファットでややコンプレッションさせたアナログ的な製品が多かった。特に伝統的なトランス回路を採用するものはあえてサウンドメイキングに使われるほど特徴的で一方向な個性を持っている。

ここに登場するMODEL 101はグレースデザイン社のサウンドアイデンティティとなる驚異的な周波数レスポンスを持った、従来の製品とは全く異なる高品位D.Iとしてトップアーティストに提案できる製品である。

アクティブ回路をもったジャズベースでテストを行なったが、これほどフラットでクリアーなレスポンスを持ったものは他にはないと思う。同社のすべての製品に共通するハイスピードな反応は、明確なローエンド、充実したミッドレンジ、効率的ではっきりとした高域の鳴りとハーモニクスを伴う。歪んだり太ったりするのではなく、スムーズで速いアタックのインパクトがあり、音の輪郭や立ち上がり、美しい余韻をはっきりとリアルに再現する。この特性は同じ音量でもフレーズが良く聞こえサウンドが前に出てくるようになる。艶やかなラウンド弦の響きとハイテクベースのマッチングがさらに生きてくる。

多弦ベースやアクティブ回路の採用で楽器から出力される周波数が低域から高域までさらに広がった近代のベースには、定番のD.Iでは決してハイファイとは言えないだろう。MODEL 101のワイドレンジなサウンドは弦へのタッチや演奏上のノイズまでリアルに音色に表われる。つまり、繊細な演奏の表現ができる又はそのようなサウンドを出したいアーティストにとってはこれ以上のものがない最高のイクイップメンツとなり得る。演奏の腕が試せる、良いプレイになればなるほど生きてくるキャラクターはやはりプロのための、しかもトップランクの演奏者のための製品である。

MODEL 101のようなすばらしい製品があればはっきりと断言できる。「アクティブ回路を持ったエレクトリックベースを最高の音色でレコーディングしたいのなら従来のD.Iは使うべきではない。」

楽器本来の音色をさらに生かし、ビルダーの意図したサウンドを正しくラインに送れる唯一のD.I、スタジオに常設されるよりもプレイヤー一人一人が持ち歩くべきイクイップメントであってほしい。

従来、特徴的なサウンドのクセと音楽ジャンルで選択してきた楽器選び、しかしことエレクトリックベースに関してだけはハイエンドなオーディオスペックが必要とされ、レコーディング機器、プロオーディオ業界のサポートが不可欠となる時代が来た。

▲page top

製品種類別

ダウンロード

PDF(マニュアル等)

なし

zip(ファームウェア等)

なし
468